L. ロン ハバード伝記:冒険、探検、ビデオ、ライフ・ストーリー、引用、動画、写真、年表
L. RON HUBBARD BOOKS

冒険家
/探検家

アジアからアメリカへと帰国した後、ロン ハバード青年は、中途になっていた高等教育を早々に完了させ、ジョージ・ワシントン大学に入学しました。アメリカ航空術の黎明(れいめい)期に彼が曲芸飛行士のパイオニアとして経験を積んだところでもあります。彼はまた、デトロイト上空での自由飛行によって、最長連続飛行の記録の持ち主となりました。さらに、スポーツマン・パイロット誌の移動記者として、世界に誇るアメリカの空軍力となる次世代のパイロットたちの関心を駆り立てる一助となりました。

大学の2年目を過ぎると、最初の民族研究として、ハバード氏は当時制約のなかったカリブ海沿岸への遠征に乗り出しました。その数ヵ月後、再びプエルトリコ鉱物探検遠征で西インド諸島に戻ります。これはアメリカ管轄区の島を完全に調査する、初期の調査のひとつでした。

このような探検が他にもたくさんありました。有名な探険家クラブの生涯会員としてL. ロン ハバードは、実験的に無線方向探知機を使って北太平洋の海図を作成しました。これが、20世紀後半まで全世界で使用されてきた長距離航法システムの先駆的活動でした。冒険に満ち溢れる非凡な生活には、もうひとつの側面がありました。それは、彼が全海域において帆船を航行できる稀少な船長としての免許を持っていたことです。

しかし、それよりも重要だったことは、彼のこの言葉によって説明されています。

「可能な限りの冒険心と献身の心を持った者だけが、人の存在と運命の謎を解明しようとするでしょう。」